てぬぐいで抗がん剤用の帽子を試作

気がつけば、明日からは大型連休なのですね!!

今年は、乳がん騒ぎでそれどころではないです。

というか、この時期はどこへ行っても混んでいるので、以前からどこへも行かなかったですが。

森川農園のオカンとして暮らすようになってからは、この時期に農作業が一気に忙しくなるので、レジャーとは縁遠い生活です。今年は、外の仕事は杉の葉を拾うくらいしか手伝っていません(泣)

杉の葉ひろいが花粉アレルギーでつらかったのに加え、風邪をひいてしまいました。やはりがん患者の私、思ったように風邪が回復しません。抗がん剤も始まることだし無理はよそうと決めました。

私は乳がん患者。怠けたっていいわ。誰にも文句は言わせない(爆) と言っても、家事はふつうにこなしています。

抗がん剤用 ケア帽子の試作の続き

先日、Tシャツをリメイクして、夜の頭部保護のための帽子を作りました。

その後、日中にかぶる帽子を試作してみました。

これから暑くなるので、まず第一に涼しいもの。それが絶対条件です。

そして、楽にかぶれるもの。かぶり方がむずかしかったり、鏡の前で何分も調整が必要なものはイヤ。

そして見た目もわるくないもの。というか、かわいいもの💓

そうだ! てぬぐいだ!!

いろいろ考えた結果、じゃぁ~~~~ん、これです!!

す・す・すみません!
いきなり変なおばさんの画像で。
自撮りに慣れていないもので、不自然な笑顔です(泣)

てぬぐい1枚、数か所を折って、縫って、後ろで結びます。

帽子というよりは、頭巾。ターバンに近いです。

大きさはフリーサイズ。前の部分が大きいと思ったら、折って使えば小さくなります。

あねさんかぶり風。意外といけてるんじゃない???

気にいって、数枚作ってみました。

モデル(わたし)が、あまりにもひきつった笑顔だし、シミは多いし、ほうれい線は深いし、美しくないので、以下は頭のマネキンを使います。


この麻の模様はイイ!!
男性でもいいですよね。

そして、実家の戸棚にあった、何十年もいただいたまま開けてもいないてぬぐいを頂戴して作ってみました。

土地改良ですよ(笑)

後ろは、こんな感じで結んでます。

昔、意地悪ばあさんというテレビがあったけど、意地悪ばあさんはこんな手ぬぐいをあねさんかぶりにして、ごはんを焚いてませんでした?

着物に、かっぽう着に、もんぺで、手にはハタキを持って、お掃除してましたよね?

あのイメージです。なんか、働き者に見えます(爆)

これだと、家事や、ガーディニングや、野良仕事にもぴったり。和風のレストランとか、居酒屋とか、蕎麦屋さんとかにもあいそうです。

抗がん剤用の帽子だけではもったいない。姉さんかぶりより簡単にかぶれるし、頭にそってくれるし、ぬげません。

外人に受けるかも

ここまで来て閃きました。

これ、日本の若い人にはダサいかもしれないけど、外人に受けるんじゃない???

だって、外人って漢字が大好きじゃん!!

そして調子にのった私は、実家の戸棚にしまってあった新品のてぬぐいをたくさん頂戴し、縫いまくりました。ばあちゃんには、てぬぐいをたくさん拝借したのは言ってません。たぶん、こんなにてぬぐいがしまってあったことさえ忘れていると思います(笑)

その勢いのまま、海外のマーケットプレイスの Etsy に登録しました。

Etsy(エッツィー)は世界一ハンドメイド商品が売られているサイト

Etsyは世界で一番のマーケットプレイスです。日本のクリーマやイイチやミンネができる前からある、老舗のサイトです。

登録するだけなら簡単です。私のお店はこちら、まだ3点しかアップしていませんけど(笑)

これから、暇を見つけては、少しずつアップしていきます。売れるかどうかはわからないけど、海外の人たちがどんな反応を示すのかが楽しいじゃん!!


ひらがなもいけてるよね!

本気で売ろうと思ったら、まずは、サイトや作品を知ってもらうためにマーケティングが必要でしょう。

今は、抗がん剤治療を始めるので、それどころではありません。抗がん剤治療が終わって、これを必要としてくれる人がいるのであれば、少しやってみようかなと思います。

真夏はウイッグは暑くてイヤ!

それから、8月には主人のお兄さんの新盆があります。

真夏の35度もあるような日に、ウイッグをかぶって外出する???

熱中症で死んじゃうよ!

その時にかぶる黒い帽子も考えなくては。冠婚葬祭用のケア帽子って見かけないから、自分で作らなくちゃ。

自分が抗がん剤を受けることになって、いざ脱毛という段になり、いろいろと必要なものが出てきました。何ごとも自分で体験してみないとわからないものですね。


ブログランキング・にほんブグ村へ




▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。