乳がん全摘から1か月 使うブラの比較検討

もう、左乳房の全摘のオペから1か月以上。早いものです。

この1か月、主に使っていたブラはこちら、

最初の1か月は前空きブラ  FLeep

(画像は FLeep のサイトから)

FLeep という前あきのブラです。

リンパをとることになった場合、腕があがらなくてブラもつける時に苦労するので、前あきの方がよいとあちこちのサイトに書いてありました。

私の場合は、センチネルリンパ節生検だけですみました。リンパはとらなくてよかったので、意外と早く手が上がるようになりました。わざわざ前あきブラを用意するほどでもなかったです。

このブラは、パッドを入れ替えできるようになっているので、その穴から 自作のニューおっぱい=パッド を左の胸だけに付け加えて使いました。

前あきブラの中ではデザインがかわいかったから、これを選びました。サイズがふつうのブラよりきつめです。オペのために用意するなら、1サイズ大きいものがいいかもしれません。

そろそろ、こちらのブラからは卒業します。

1か月前後からはユニクロのエアリズムのリラックス

これは、パッドを入れるポケットが最初からついていて、わざわざ自分でポケットを縫い付けたりしなくていいので使い始めました。自作のニューおっぱい=パッド を、このポケット口から入れて付け加えるだけ。らくちん!!

(画像はユニクロのサイトから)

(画像はユニクロのサイトから)

脇の上側にポケット口があります。ここからパッドの出し入れができます。右はこのパッドだけ、左の全摘側には、自作のニューおっぱい=パッド を加えます。ポケットなので、パッドが落ちてくることはありません。

(画像はユニクロのサイトから)

付いているパッドは丸型です。着け心地は、とにかくらく~~~。肩がこりません。背中の肉の段差ができにくい。

欠点は、寄せて上げる! ができません。私には、この肩の部分が長い。自分の胸が垂れているので、このブラをつけても下がったまま(涙)

でも、らくちんな着け心地と、ポケットが最初からついている手軽には勝てません。最近は、このピンクとベージュの M を使いたおしていました。

しかし、体重が7キロ減ったため、M だとゆるくなってしましました。もうすぐ夏で汗の季節。洗いがえももっと必要だろうと、Sを買い足すことにしました。

どうせ買うなら、他のメーカーのものを買って比べてみよう、ということになりました。

ワコール ウイング きちんと楽ブラ デイリータイプ


ワコール ウイング きちんと楽ブラ デイリータイプ


パッドは丸ではなくて、このような変形のもの。


パッドの入れ替え用のポケット口は、このブラも脇のところです。

こちらはこれからつけるので、使用感などはまたのちほどブログに書きますね。

トリンプ Sloggi


こちらも、これから着けてみるので感想はのちほど。


おおぉ! このパッドは盛り用ですね。少しだけ豊かにごまかしがきくでしょうか(笑)


このタイプも、ポケット口は脇の上の方です。

西友プライベールブランド? 綺麗

この前、東京に行った時に買ったこちらの2点、西友のプライベートブランドなのか? とにかく安かったです。Sサイズがなかったけど、この値段ならMでも我慢できると思って買いました。

1点めはコットン100%に惹かれました。

着け心地のレポートはのちほど。


このブラのパットのポケット口は、脇の横にありました。パッドは丸型です。

そして最後の1点は、

綺麗シリーズ。これは肩ひもが従来の細いひもタイプ。パッドは丸型です。

これから夏になって、ちょっと広めのえりぐりだと、ランニングタイプのブラでは肩の部分が丸見えです。このひもタイプなら、それほど肩ひもが出ないと思ったので、即、買いました。


そして、このタイプのパッドのポケット口は上の方の肩ひもの近くにありました。

使い心地など、何回か着けてみて洗濯してみてお伝えします!!


ブログランキング・にほんブグ村へ




▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。