乳がん全摘してから初めての温泉!

4月4日と5日、実家から千葉の自宅へ向かう途中に、蔵王温泉に寄りました。

がんは体を冷やしてはいけない、とにかく体をあたためてください、と今まで読んだがん関係の本すべてに書いてありました。

標準治療の先生も、代替療法の先生も、これだけはすべて同じ意見。とにかく体をあたためなさい! でした。

がん患者は体を冷やしてはいけない

ですから、まずは厚着しました。

部屋にいる時には、石油ストーブとさらに電気ストーブ。夜は電気毛布。

いつもの洋服を着た上に、ダウンのベストにダウンのひざ掛けを2枚を腰にスカートのように巻き付けてました。そしてふかふかのムートンの部屋履き。このさい格好にかまっている場合ではありません。

食べ物にも気を使いました。砂糖は体を冷やすので当然とらないようにしていますし、お菓子も食べてません。食事も、なるべく砂糖の入ってないものを選んでいます。自分でお料する時にも、なるべく砂糖は入れません。

どうしても甘さが必要な時には、ラカントか、はちみつを使っています。

(でも、お出かけした時やお祝いの時には禁を破ります)

お水もなるべく飲まないようにして白湯にしました。

そして、大好きなコーヒー。コーヒーは体を冷やすのでやめてました。代わりに玄米コーヒーを飲んでます。

最近は、たまーにブラックコーヒーを飲んだりしています。でも1日に1杯だけ。

あとは、お料理にしょうがや唐辛子をよく使います。

実家に遠赤外線サウナがあるので入れるのだけど、これに入ると何も仕事ができないので、あんまり入れてません。これからはもっと入ろう!!

がんには温泉が良い

でも、一番に体が温まるのはお風呂です。

実家は秋田県。しかも家が古い。お風呂場も超寒いのです。ちゃんと湯船につかって体を温めるのだけど、やはり温泉にはかないません。

乳がんの病理検査を聞くために、主人が千葉県の自宅から来てました。

車で来ていたので、一緒にのっかって千葉の自宅へ帰ることにしました。でも途中で蔵王温泉に!!

とても良いお湯でした💓

こちら「喜らく」というお宿の、女性用の露天風呂です。

蔵王温泉は強酸性の硫黄泉です。 硫黄泉には、体内のムコ多糖タンパクを活性化させる働きがあり、体内水分量を増加させ、肌と血管を若返らせるとされています。

また、血行促進効果に加え、硫黄泉には表皮の殺菌作用や皮膚を強くする作用があり、「美肌」も促進。お肌・血管の若返りと殺菌・美肌効果は、まさに「美人づくりの湯」! 私も少し美人になったのか(笑)

効能は、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、神経症、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進!!

きずに、冷え性に、病後回復期にって、私にぴったりじゃん!!

乳がん全摘なので大浴場に行くのには勇気が必要

実は、私がまだ30代になりたてのころ、ある温泉で乳がんの全摘の方と遭遇しました。もう充分に大人でしたが、その傷や様子にショックを受けました。

ギョッとしました。もしかしたら、顔に出てしまっていたかもしれません。

大人の私でもかなりのショックだったのに、子どもが見たらもっとショックだろうな・・・・・

私はもう慣れたので、自分ではなんともなくなりました。でも、はじめてこの傷を見た人は、やはり昔の私のようにギョッとする人もいるにちがいありません。

私のFB友達は、全摘でもぜんぜん気にせず温泉に入るそうです。えらいな!! 私にはまだその勇気がありません。

今回は、事前にこれを準備していきました。乳がん用バスタイムカバーです。

乳がん用バスタイムカバー(温泉入浴着)

これを部屋でつけて浴衣を着て大浴場へ行きました。誰かに何か言われたら、
「乳がんで全摘したんです」
と言おう。ちょっと緊張して行きました。

ちょうど傷の部分がかくれます。濡れても、お風呂上りに乾いたタオルでふけば、気にならない程度に乾いてくれます。

ところが、シーズンオフの蔵王温泉、宿泊客が少なくて、女湯は私ひとりだけでした。2日間で5回ほど入浴したけど、露天風呂も内湯もひとりじめ。貸し切りですよ~~~

女王様のようでした 💓

ピンクリボン温泉ネットワーク

ピンクリボン温泉ネットワーク とはJ.POSH温泉パートナーへの参加を通じ、乳がんの手術をされた方にも温泉を楽しんで頂ける環境作りに取り組む、全国の温泉施設のネットワークです。

この活動に参加している温泉施設 も紹介されています。

私が行ったところは、これには参加していなかったのですが、一度いったら勇気が出ました。もうどこの温泉にでも行っちゃうもんね。私は、なんにも悪いことしてないもん。好きでおっぱいを全摘したわけじゃないんだからね。誰にも気兼ねすることはないわ!!

乳がんでオペした方、まだ温泉に行っていないのなら、ぜひぜひ行きましょう。

体があたたまる良いお湯でした

温泉街をちょっとだけ散歩してみました。


足湯もありました。硫黄の香りがすごいです。白いお湯!!


こちらは下湯共同浴場


上湯共同浴場


神社があったけど、通行止めでした。たとえ通行止めじゃなくても、あまりにも階段が多くて、登る気がしなかった(笑)


この湯気 ♨  たまりません。やっぱり温泉はいいわ。

乳がん患者のみなさ~ん、遠慮してないでどんどん温泉行きましょう!!


ブログランキング・にほんブグ村へ




▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。