乳癌闘病中 食事療法 野菜 調味料

昨日、がん細胞をやっつけるためには、糖質を断ってケトン体を出して、がんを兵糧攻めにするのが良いらしいということを書きました。

「免疫栄養ケトン食で がんに勝つレシピ」光文社 を見て注文していた油や調味料が、本日届きました。

さっそく実践 がん食事療法

各種の油類

本日午後、頼んでいた油などが届いたので、亜麻仁油、MCTオイルをさっそくためしてみました。

MCTオイルは、まったく無味無臭でふつうに大匙2杯を飲めました。

亜麻仁油は、ごま油に似たようなにおいでちょっと癖がある味でした。でも問題なく大匙1杯のめました。

これから、MCTオイルは毎食大匙1杯をとり、亜麻仁油は一日に大匙2杯をとることにします。

料理に使う野菜

「免疫栄養ケトン食で がんに勝つレシピ」 をみて、野菜の食べ方も研究しています。

weddingclub / Pixabay

野菜はビタミンや食物繊維が豊富に含まれているので、食べてよいのですが、イモ類、かぼちゃ、根菜類、豆類は糖質も多く含まれるため注意が必要とのことです。

う~ん、でもそこまで気にかけると、本当に食べるものがなくなっちゃう。野菜は、ほとんどが米などに比べると低糖質なので、私的には根菜類も食べすぎなければよし、とすることにします。

古川健司先生のおすすめの野菜たちは、

少量で効く野菜

にんにく
しょうが
にら
ブロッコリースプラウト

特ににんにくは、毎日1~3片とったほうがよいということです。でも、そんなに毎日は料理には使わないと思って、これを食べることにしました。

こちらは先日から食べ始めたけど、甘くておいしいです。1袋に1片ずつ小分けになっています。袋を開けたときにちょっとにんにくのにおいがしますが、食べてもぜんぜん臭くありません。甘いくだものみたいな感覚で、もっと食べたいほどです🎵

でも、にんにくにも糖質が入っているので、1日に1片でがまんです!

デトックス系の野菜

グリーンアスパラ
キャベツ
ブロッコリー
ミニトマト
白菜
カリフラワー

βカロテン系の野菜

モロヘイヤ
大根・かぶの葉
サラダ菜
小松菜
ほうれん草
にんじん

きのこ 海藻類

ぶなしめじ
まいたけ
なめこ
しいたけ
えのきだけ
もずく
昆布
わかめ

そのほか、セロリ、玉ねぎ、レモン、大豆、なす、ピーマン、きゅうりなど

くだものは、バナナを筆頭に糖質が多いので食べすぎないように、とのことです。

調理方法で気をつけること

たとえば、おなじ焼き鳥でも、たれのものより塩焼きのほうが糖質が少ないです。

牛肉でも、ビーフシチューよりはステーキのほうが糖質が少ないです。

魚でも、甘酢あんかけよりは焼き魚に。

同じ素材でも、甘い味付けの料理より、食材そのままの形を生かしたシンプルなものがおすすめだそうです。

砂糖、酒、ケチャップ、ソース、などの糖質の多い調味料をさけるように書いてあります。でも、それじゃ、私の腕前では何も作る料理がなくなるわ。

でも、こんなものも紹介されていました。

市販のオススメ調味料

みそは、わが実家では大豆と米をわたして大量に自家製味噌を作ってもらっています。なので、みそはそれをこのまま食べることにします。

こちらの調味料もアマゾンでポチっと注文して届きました(笑)

この調味料などを使って、自家製の手作り調味料などを作れるようになれればいいな。やる気がないだけですよね~~~

今まで、手抜き料理ばかりしてきたので、お手軽にできないものは気が重いのです。ぼちぼちやっていきます。

もし、おいしくできたら紹介します。期待しないで待っていてください (^。^)


ブログランキング・にほんブグ村へ

▼この記事をSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。