乳がんになりました

2018年1月31日、乳がんと診断されました。

乳がんの告知

やっちゃった! という感覚。別に私は何もやってないけど(笑)

思ったより冷静で、普段どおりの日常を送ってます。いまや日本人の半分近くがんになるご時世です。インフルエンザにかかるより確立が高いよね。

なっちゃったものは今さらどうしようもない。なるべくストレスをためないように、好きなことをして、楽しく生きていこうと決めました。

昨年10月 左胸に嚢胞ができた

昨年の10月に左胸に嚢胞ができました。その時の細胞診ではがんは見つかりませんでした。その記事はこちらです。

ルンルンでローマに旅行に行きましたよ。行けてよかった~~~

ところがその後、また嚢胞が大きくなり、2018年1月に再度、秋田県大仙市の中通病院に行きました。エコーで検査したけどよくわからず、秋田県横手市の平鹿総合病院の乳腺外科を紹介してもらいました。

秋田県横手市の平鹿総合病院 乳腺外科での検査

平鹿総合病院の初診が2018年1月25日。
マンモグラフィーとエコーの検査をして、細胞を注射でとりました。

結果を聞きに行ったのが1月31日。

呼ばれて診察室に入った時、先生が
「一人で来たのですか?」と言ったので 「これはやばい!」 と直感しました。

予感的中。

やはりがん細胞がありました。

dehmarion / Pixabay

意外と冷静 えらいぞ自分!

10月の嚢胞事件の時に、自分では乳がんを覚悟していろいろ調べていたので、意外と冷静でした。今の状態なら、そんなにすぐ死ぬことはないから何も慌てることはない。

主人と、次男には、病院から連絡。
長男には、今日、連絡しました。(主人がもう連絡してたようです)

19日には治療方針やオペの説明をするので、主人と一緒に来てもらいたいということでした。主人はさっそくスケジュール調整をしてくれて、来てくれることになりました。

「 ご主人がいる東京近郊での病院の治療を選んでもいいのですよ。」と先生は言いました。主人は半分近くは日本にいないので、結局は私が一人になってしまいます。

こちらなら、今、シーズンオフの次男がいる。秋田市には妹もいる。(妹にはまだ言ってないけど)

それから、入院していない時には家事もできるはずだから、ばあちゃんへの負担も少ないはず。ということで、平鹿病院で治療することに決めました。

一番のストレスはばあちゃんへの説明

心を痛めたのが「 ばあちゃんにどう言おう? 」 でした。
ばあちゃんショックを受けるだろうな・・・・・
何がストレスって、ばあちゃんに説明することが一番のストレスでした。

次男は「自分の体より、ばあちゃんなの???」って言ってました(笑)

その日はばあちゃんに言えずじまい。

次の日は普通に秋田市の au で手編みサロン。マリマリ(秋田魁新報社のフリーペーパー)を見て、たくさん見学に来てくださりうれしかったです。

来月の手編みサロンは普通どうりにできるのか、そのあとオペになればどれくらい休まなければいけないのか、ぜんぜん見通しが立たちません。

19日に先生から治療方針を聞くまで全く予定が立たないのだ~~~ なので、この日はみなさんには何も言わず帰って来ました。

詳しい検査がはじまれば、ごはん抜きとかいろいろある。ばあちゃんに言わないと! と意を決して話しました。夕飯をもうすぐ食べ終わるタイミングを見計らって言ったよ!

「あのね、乳がんがみつかっちゃった」

ばあちゃんの反応は、驚くほど冷静でした。
「んだが?」
*翻訳 秋田弁で「そうなの?」

婆婆友の佐々木さんの長女のミツコちゃん (私より1歳年下の59歳)が、数年前に乳がんになったけど、今は元気にしているから大丈夫と思ったらしい。

多分、オペが終わったらそれで完治と思っているだろう。実はオペが終わってからが本当の治療なんだよ、乳がんは!

っていうか、半分ぼけてるから理解していないのかもしれない(涙)

でも、ばあちゃんがあっけらかんとしているのでこちらは救われます。

ばあちゃんに話したので、あとはなにも気がかりなことはなくなったよ。これでしっかりと乳がんと向き合うことができます。

オペ後の治療のほうが本番

これからオペをすることになる。オペは治療のはじまりでしかない。その後の、抗がん剤、放射線、ホルモン療法、どうなるかわからないけど、それらを数年にわたって続けることになる。

しばらくは、がん治療が優先の生活になるから、行動も話題もがん治療が中心になる。がんのことをかくしたり、ふれないようにしていると、ブログやFBに書くこともなくなっちゃう。

だったら公表したほうが気が楽だ。

ということで、ツイッターやインスタやFBやブログのプロフィールにも乳がんを公表しました。そして、今日からはブログの記事でも書いていくことにします。

たぶん乳がんの患者さんで、他の患者がどんな治療をするかとか、病気の情報が知りたいと思っている人はたくさんいるはず。そんな方たちの参考になれればうれしいです。

そして、自分の忘備録としても書いていきます。

これもまた新しいチャレンジ

明日は、CTです。
平鹿病院へは自分で運転して行きます。雪が降って道路事情が悪いと40分以上かかります。運転は苦手なんだけどしょうがない。運転途中で眠くならないよう早寝しないといけません。それに明日は雪かきしないといけないな(涙)

乳がんは、胸のしこり自体で死ぬことはありません。これが転移して他の臓器で悪さをするようになると命が危ない!

胸のしこりが小さくても、全身に転移していることもある。しこりがどんなに大きくても何も転移していない人もいるそうです。それは、乳がんの種類や性質によるので、検査をし、オペをして生検しないとわからないそうです。

自分ではいくらがんばるぞと思っていても、どうしようもないことが起こるかもしれない。でもせめて、ばあちゃんよりは長生きしないと!!

ニットデザイナーを引退し、一つのプロジェクトが終わりホッとしました。そうしたら今度はこんな形のプロジェクトへの挑戦になりました。

神様は私に挑戦続きの人生を与えてくれたようです。退屈しない人生になるわ (笑)

さらにわがままに生きていく

このブログ、旅行とかシニアの楽しみとか書く予定ではじめたのだけど、思いがけず闘病ブログになってしまいました。それもまた人生か(笑)

とにかく、悩んでも心配しても、事態はよくならない。自分でできること、やれることをやって、あとはなるべく楽しいことして生きていくことにします。

今までより、さらにさらに、わがままに好きなことをします。みなさんよろしくね 💖


ブログランキング・にほんブログ村へ




▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。