ファッション誌よ、さようなら!

ファッション誌を見るのは若いころから大好きでした。

今まで見て来たファッション誌

MichaelGaida / Pixabay

non-noから始まり、STORY 、SPUR、GINZA、 FIGARO 、HERZ  ほか数えきれないほど、たくさんのファッション誌を見てきました。

ニットデザインをしていたころは、装苑、ファッションニュース、モードエモードなんかも見ていた。何日にどの雑誌が出るのか、ちゃんと覚えていました。

それに加え、今回のパリコレではあのブランドのあの洋服が話題だったとか、今年はこれが来る! なんてことも把握していました。

それを見て私はおしゃれになれたか?

答えは  NO!     

ぜんぜんおしゃれになれなかった(泣)

なぜおしゃれになれなかったのか?

一番の理由は私のセンスが悪いからだけど、それでけではない。

ファッション誌にのっている洋服は、高くて買えなかったから!!

そして、ファッション誌の洋服を買えたとしても、着ていくところがないから。

要するに、ファッション誌は私のニーズに合った洋服を提案してくれていませんでした。

洋服のサイズが合わない

そのうえ、身長が144㎝の私。しかし太さはMサイズ以上。手足が極端に短い(泣)

スカートもパンツも、いつもすそを10㎝以上つめなければいけないのです。そうするとシルエットがどこか変わってしまいまいます。コートやワンピースも、ウエストの位置が合わない。

既製服はどこかお直しが必要なのです。オーダーすればいいのだろうけど、普段着をオーダするようなお金を持っていません(泣)

なので、あまりサイズを気にしなくてもよいスエット系とか、スモック風とかになってしまうのです。

シニアになってさらに困る!

それでも若かった時には、洋服の種類も豊富だし、あちこち探しまわる体力も気力もあった。

年齢とともに、何を着ていいのかますますわからなくなりました。

若い子向きの洋服の次には、いきなり巣鴨のおばあちゃんファッションになってしまうのです。アラフィフから60代の私たちが着る服は、いったいどこへ行ったらあるの?

コンサバな、スーツとかジャケットとかコートとか、それはお金を出せばそれなりに探せるかもしれません。だけど、そんなの着ていくところがないっちゅーの!!

ネットでシニア向けのおしゃれなブランド と検索すると、

コシノヒロコ
ラルフローレン
マーガレットハウエル
ヨシエイナバ
バーバリー

なんかが出てきます。

高い!!

普段着にこんなお値段の洋服を着れる人は、いったい何%いるのでしょう?  世の中2%の金持ちと98%の庶民で成り立っています。

最近はそんなわけでファッション誌を見なくなってしまいました。

唯一気にいって、持っている本はこちらです。

見栄をすて等身大に!

結局、庶民が求めているものは、

毎日着るものを、自分が買える値段で買いたい。

なのです。

ファッション誌よ、早くこのことに気がつかないと、どんどん読者が減るよ! 事実、私は買わなくなりました。

人気のファッションブロガーは、等身大とか、プチプラコーディネートとか、自分の暮らしにあったファッションを紹介しているもんね。

結局ユニクロ中心にアレンジ

以上のようなやむをえない理由で、気がつけば、ユニクロとか、しまむらとか、ZARAとか、そういうプチプラで普段着が構成されることになっています。

ベーシックな形で、着回しがきくもので、あんまりコーディネイトが難しくないもの。そんなものばかりが残りました。

話はちょっとそれますが、ユニクロって何がすごいかというと、ターゲットを絞っていないこと。若い女の子も男性も、ばあちゃんもじいちゃんも、お子様も、ぜ~~~んぶがターゲット。おうちの周りで着るカジュアルっていうところだけが明確です。つまり、ターゲットは人間全員!!

スパイスはファッション小物

同じユニクロのコーディネイトでもおしゃれに見えるコツは?

アクセサリーとかマフラー、帽子、バッグ、靴などのファッション小物をどう合わせるかが重要ということがわかってきました。

アクセサリーも、ニットデザイナー時代の仕事用にものが山ほど残っています。この冬の間に見直して、普段使いできるものにリフォームしよう!

ポイントは、軽くて、大振りで、カラフルなものにすること。

今後は、こちらに気を配って行こうと思います。なにか作ったり、リフォームしたら、またこのブログでもお知らせしますね。

さらに困っている野良着

雪がとければ、秋までずっと実家の森川農園の手伝いをします。

この時に着る野良着が、本当になくてこまっています。

おしゃれな野良着はない。どこでも売ってない(泣)

最近話題の農業女子は、ジーンズのつなぎなどを着ていたりするのですが、私はダメ! 格好ではなくて、トイレに行きにくいから。年齢とともにトイレが近くなっているので、つなぎのようにいちいち脱がないと用をたせないものでは効率が悪いのです。

ジャージーだと布が荒くて、土が入ってきてしまいます。コットンパンツだとしゃがんだりするのにきついし、背中がでてしまうのです。昔の人がはいていたもんぺが最強。軽くて涼しくて、布目がつまっていて土が入りにくい。

昔の人の知恵はすごいです!!

こちらもそんなわけで、自分にあうもんぺを開発したいものだと野望をいだいていてます(笑) またこちらも進展があったらお知らせします。

Free-Photos / Pixabay

何歳になっても、おしゃれしたいです。くすんだ婆さんより明るい婆さんになりたいです。

クローゼットや部屋の断捨離しつつ、自分らしいものを見つけていきます。

そうそう! 昨日のブログでも書いたけど、グレーヘアーにするつもりなので、それに似合うファッションにね 💖


ブログランキング・にほんブログ村へ




▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。