10歳で悟った事 人間の本性 親は当てにならない

十勝沖地震

私が10歳の時、十勝沖地震という地震がありました。北海道の東側の海が震源地でした。

もう50年近く前の話です。五月の出来事だった気がします。

東日本大震災とは比べ物にならない小さな地震だったのですが、それでも何人かの方が亡くなりました。

実家の前の家は、納屋が全壊しました。田んぼの水が左右にあふれ出て波打ったのを覚えています。

10歳で悟ったこと

その時、小学生だった私は風邪を引いて学校を休んでいました。

本震は日中おこりました。家族は全員農作業で外へ出ていて一人で寝ていました。その時は自力で家の外に出ました。

ずっと余震が続き、夜は居間に全員集まって雑魚寝することになりました。

私の風邪の具合は思わしくなく、夜になって40度まで熱が上がりました。そんな時、本震よりも大きいくらいの揺れがおこりました。

電気も消えて真っ暗な中、父も、母も、祖母も、40度の熱がある子どもの私を忘れて外へ逃げました!!

これってひどいよね?

一生トラウマになるよね?

でも10歳の私は冷静でした。そして10歳にして悟りました。

人間て、究極の場合は自分の命を最優先するんだ。子どもよりも!!





それからグレたとか、親子関係がうまくいかなかったとか、そんなことは別にありません。普通に成長しました。

でも、妙に人生に対してあきらめが早いというか 「こんなもんか~~~」 という部分があるんだよなぁ。

最近、このときのことを母に話したら、そんなことがあったということさえ忘れていました! 衝撃の事実(笑)

阪神淡路大震災のニュース

それから時は過ぎ去り、阪神淡路大震災が起こりました。

その震災から少し後に、震災にあった人々の様子をテレビで特集していました。

その中に、中年の奥様がいました。「主人は地震の時に、私を助けないで一人で逃げた!」 と言って鬱状態になっていました。それを見て私は「ふん!」とハナで笑ってしまいました。

あんたは甘いよ。ダンナなんて助けてくれるわけないじゃん!! 親だって子どもをおいて逃げるんだよ。ダンナなんてしょせんは赤の他人。血のつながりも何もないんだよ、バーカ!!

とひとりで突っ込みました(笑)

自分の命は自分で守る

多分、私も、これからなにか起きたら、まわりのみんなのことなんて無視して一人で逃げるでしょう。人間なんてそんなもんです。自分の命を最優先するように脳にインプットされて、この世に送りだされてきているんです。

親はあてにできない。ましてダンナなんてアカの他人、まったくあてになんてできないからね。自分の命は自分で守るしかないんだよ!!

10歳で悟ったことは死ぬまで忘れないでしょう。

それでも、平時は、できる限りは協力しあって仲良く暮らしていかなくちゃいけない。楽しい生き方をしていかなくちゃね。

今日は、10歳にして悟りを開いた崇高なる私の物語でした。

お・し・ま・い

ブログランキング・にほんブログ村へ

▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。田舎の良さを伝えるシニアです。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること! くわしいプロフィールはこちらです。