完成 きものリメイクドレス

SHARE

完成 きものリメイクドレス

先日から隙間時間に作っていたもの。

ここのところ、カザフスタンのシンガー、ディマシュ クダイベルゲンに夢中で、いつも歌を聞いています。

ひょんなことから、そのディマシュのファンクラブにかかわることになりました。新規でファンクラブのオンラインショップをオープンすることになり、その構築などをしていました。まさかこんなところで、私のスキルが生きるなんて、夢にも思わなKつたわ Σ(・□・;)

ディマシュ・ジャパン・ファンクラブ オンラインショップ

11月1日にオープンして対応に追われたり、忙しい日々をすごしていました。

でも、ブダペストへの旅行はせまってくる。ディマシュが来日して出演するABUソングフェスティバルは迫ってくる!

で、着ていくものを考えたら、やっぱり着物リメイク❤

リメイク用の着物や羽織のストックは、押し入れにまだまだ残っています。何とかしないとね。

ということで、隙間時間を見つけて、夜なべして完成させました!!

ワンピースです。
パンツと合わせて、チュニックでもいいわ!

大好きな朱色です。花とツルがエキゾチックです。

私は背が低いので、羽織でこれができました。
羽織の襟の部分をすべてマフラー(ショール)として使いました。

大好きな色でテンションが上がります。

今回は、旅行とショップのオープンが重なって、本当に大変でした。

裾のカーブがいまいち凸凹です。でも、もう時間がない。今回はイレジュラーのデザインということにしよう ((´∀`*))ヶラヶラ

実はもう一つ作りかけがあるのだけど、できあがるかどうか ( ;∀;)

それに、この前編んだニット帽に合わせてマフラーも編みたいのだけど、時間がなさそうです。

東京へ行くまでの新幹線と、ブダペストへ行くまでの飛行機と、帰りの飛行機で編むか・・・・・

だいぶ厳しい状況です。

身長が144㎝しかない私、市販のMサイズだと袖は長いし、スカート丈やパンツの長さも必ず長いのです。

自分で作れば自分に合わせて作れるから、その心配がありません。

洋裁は正式には勉強したことがありません。でもニットデザインをしていたので、その時の製図の知識があります。なので大きさを自分に合わせる方法など、多少は想像がつきます。

着物リメイクだとそれほど流行もないし、なにしろオンリーワンだから、ユニクロのようにみんなとかぶるというこもありません。

それにシルクの手触りがとてもいいのです💓

素材がいいとデザインがシンプルでもすごく上品に仕上がります。

ちゃんと洋裁も習えばいいのだろうけど、そんなに上等な洋服は普段着ていくところがないもの 😢

6月にカザフスタンへ行く時にもリメイクしました。その時はきものの幅を生かして、直線でできるデザインを選びました。

でも着てみたら、はやり直線は着にくいのです。なので、今回は曲線も入れて、セットインスリーブにしました。

セットインスリーブ、思ったより苦戦しました。他のところはできて、あとは袖付けだけ! というところからが長かった。

製図上、計算上は型紙の通りなのだけど、現実のきもの地だと袖が大きすぎる・・・・・

微調整が必要でした。机の上の計算は往々にして現場と会わない Σ(・□・;)

この辺は洋裁だけではなく、現実界でも同じですね。

夜なべ続きで寝不足です。

今夜は早く寝よう!

 

ランキング参加中。クリックしてくださるとうれしいです💓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村